バイアグラジェネリックで男の器を失うな!

ジスロマック(アジスロマイシン)の効果や副作用とは

ジスロマック

ジスロマックとはマクロライド系抗生物質を使用した菌の発育を抑える薬です。
一般名としてアジスロマイシンという薬名で様々な病気に対して処方されています。
現在、抗生物質とは殺菌効果を期待するもので幅広く知られていますが、すべての抗生物質が殺菌作用があるわけではありません。
体内に入った菌が成長・増幅することを抑える効果をもつ種類もあります。
ジスロマックはその中のひとつです。

菌が成長することを抑えるだけならあまり効果が無いのではと思う方もいるかもしれませんが、このマクロライド系抗生物質は様々な菌に対して有効的といえます。
原因菌が予測できない場合に、長く抗生物質を飲み続けると菌が薬の効能を学習して耐性菌といった一段階厄介な菌に変化してしまいます。
そういったことを防ぐためにも多くの種類の菌に対して有効なジスロマックを使用することが少なくないのです。
また、黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌に関しては殺菌効果を示すときがあります。

そんな様々な菌に対する効果が期待されるジスロマックですが、服用してからいつまで効果が続くのでしょうか。
一般的に薬が効果を最大限に発揮されるとされているのは服用後2~3時間後といわれています。
医師の指示にもよりますが、用法・用量通り飲めばおよそ1週間ほどは効果が続くはずです。
そんな中気を付けたいのが、自覚症状が無くなり治ったと思い込んで自己判断で服用を止めてしまうことです。
たとえ症状が消えたと思っても菌は体内に残っていることが多いので必ず医師が処方した分は飲み切ってください。

ジスロマックの副作用についてですが、主な症状として下痢・吐き気・腹痛・胃炎・頭痛といったことが報告されています。
ごく稀に重篤な副作用としてアナフィラキシーショック・急性腎不全などが報告されていますので、服用後体に異常を感じた場合はすぐに処方された医師や薬剤師に相談してください。

ジスロマックの服用方法として一般的な物は経口服用ですが、服用する際は必ず水で飲んでください。
ジュースや牛乳などで服用すると効果が半減してしまう可能性があります。
また、同じ抗生物質であるニューキノロン系の薬と飲み合わせると副作用が起こりやすいとの報告が挙がっているため併用禁忌とされています。
普段から薬を飲んでいる方は十分に注意して、不安なことがあれば必ず医師や薬剤師に相談してみましょう。

ジスロマックの効果や副作用はいつまで続く?

ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパ合成阻害薬であり、体内に侵入した病原菌のタンパク質の生合成を阻害する事で病原菌の増殖を抑制する医薬効果を発揮します。
ジスロマックの医薬効果は、病原菌のタンパク質を生合成するリボゾームのサブユニットと結合する事でタンパク質の生合成を阻害し静的な抗菌効果を発揮します。
ジスロマックは、人間の持つサブユニットとは形式の異なる30sサブユニットと選択的に結合する事から服用による副作用が少なく安全性の高い治療薬です。
医薬効果の高い抗生物質なので下痢や頭痛などの軽度の副作用を発症する事もあり、既往歴や体質によってはアナフィラキシー・ショックや急性腎不全などの重篤な副作用を発症するリスクもあります。

ジスロマックは、マクロライド系抗生物質のエリスロマイシンの基本骨格に窒素原子を付加したアジスロマイシンを主成分としています。
医薬成分が患部組織へ血中濃度の10倍~100倍の濃度で移行する高い移行性と血中最高濃度が半減するまでの時間を示す血中半減期を68.6時間まで延長しています。
ジスロマックは、高い移行性と優れた血中半減期に加え、下部消化器官で長時間にわたって一定の医薬成分を放出し続ける特殊製剤法マイクロスフェアを導入した事により1回の服用で1週間程度医薬効果が維持されます。
ジスロマックの服用方法は、一般的にアジスロマイシン換算で500mgを1日1回の服用を3日間継続します。
アジスロマイシン換算で1,000mgを1回の服用で治療を終える事も可能なので1回の服用でいつまで医薬効果があるのか疑問に思う患者も多くいます。
ジスロマックは、従来のマクロライド系の治療薬の様に薬剤の相互作用が少なく、基本的に併用禁忌とされると薬剤は無いとされています。